女性ホルモンの減少が薄毛の原因になる

父親が薄毛だったとしても、自分は女性だから髪で悩むことはないだろうと思ってしまうのは間違いです。親戚の中で薄毛の人はいないから自分も大丈夫と安心しているのもよくありません。薄毛というのは遺伝の影響以外にも原因はありますので、自分だけは大丈夫と油断しすぎるのはよくないのです。髪で悩むことなどないだろうと思っていた人でも、数年前の写真と自分を見比べてみると、驚くほど髪のボリュームが減っている場合もあります。髪全体のボリュームが減っていることに気づいてよく鏡で見てみれば、全体的な薄さだけではなく、男性同様に頭頂部から薄くなっていくような人もいますので、毎日鏡でチェックしておくのは大切です。小さな変化を見逃していれば、いつの間にか驚くほど髪が減っていたということになってもいけませんので、よくチェックしておくようにしなくてはならないのです。

女性がなぜ髪が薄くなっていくのかというと、ホルモンが影響している場合があります。女性は加齢によって女性ホルモンの分泌が減少していくようになっていますので、ある程度の年齢が来る頃には、女性ホルモンが減少することによって、男性ホルモンが影響を及ぼしてくるようになるのです。どのくらいの年齢になるとそういった現象が起きてくるのかというと、閉経前後に影響が出やすくなっていきます。閉経前くらいになると、徐々にホルモンの分泌が減少されていくようになり、閉経をすればほとんど女性ホルモンは分泌されない状態になってしまいます。そうなると、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、FAGAになっていくのです。ホルモンの分泌が抑えられている原因としては、閉経だけが影響しているわけではなく、生活環境の変化によるところもあります。例えば転職をしたり、引越しをすることによって、大きく生活の変化が出てくることになるでしょう。そういった変化をうまく受け入れることが出来ないでいれば、ホルモンバランスが悪くなってしまうことになり、髪が薄くなりやすくなるのです。そしてストレスも大きく影響してくる場合があります。ストレスなど溜まっていないと自分で思っていたとしても、小さな体の変化は出ていないでしょうか。髪が抜けやすくなっているだけではなく、頭痛がしたり、腹痛が酷くなる人もいます。これらの人は自分が気づかないうちに体の中にストレスをため込んでいる可能性があるでしょう。自分では気づかなければストレスではないというものでもなく、体に変化が出てくるようであれば、相当なストレスが溜まっていると考えてもいいほどです。子のストレスに関してもホルモンバランスを崩してしまう原因ですので、ストレスを日々発散するようにしておき、溜めこまないようにしていきましょう。

FAGAの場合、いろんな対処方法があります。まだFAGAを進行させたくないと思っているのであれば、育毛剤の使用や食事を見直すようにしたり、ストレスをうまく発散させるための趣味を持つようにしてみましょう。育毛剤を使用する場合には、特徴をつかんでから購入するようにしましょう。特徴をよく理解して購入しなければ自分の症状に合う育毛剤を使用することが出来なくなります。最大限に育毛剤を生かすためにも、特徴をよくつかんでおかなくてはなりません。食事に関しては、出来るだけ大豆を使ったものを食べるようにしてもいいでしょう。大豆の中にはたくさんのイソフラボンが含まれていますので、たくさん摂取していきたいものです。イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするものですので、摂取しておいて損はありません。食事を見直すときには、かんきつ類も取り入れてみるといいでしょう。

アルコールの摂取と薄毛の原因について

薄毛の原因には、ストレスや生活習慣、食生活、遺伝など様々ありますが、近年注目されているのは薄毛の原因の直接的な要因でないものの、アルコールの摂取により肝機能がうまく働かなくなり、自律神経が乱れ冷え性になりやすくなり、血行不良となって薄毛が進行していくということです。
アルコールは体内に入ると、肝臓で分解されますが、その際にアセトアルデヒドと呼ばれる物質が生成され、毒性を持っているので、この毒を酢酸と呼ばれる毒のない物へと分解する際に、多くのアミノ酸やビタミン類を消費し、体内は、慢性的なビタミン不足になってしまう結果となり、髪の毛への栄養も不足してしまうので、AGAと呼ばれる男性型脱毛症になりやすくなり、若いうちから薄毛が進行する原因となっています。

AGAなどの薄毛の原因は、DHT(デヒドロテストステロン)と呼ばれるものが大きく、このDHT(デヒドロテストステロン)は男性ホルモンの働きによって生成され、髪の毛のサイクルを乱れさせ、健康で丈夫な髪の毛が育つのを阻害し、みじかくて細い髪の毛のみを後頭部や側頭部に残してしまいます。アルコールを大量に摂取した場合、アセトアルデヒドの分解が間に合わないため、血液中をぐるぐると回り、睡眠を阻害し、髪の毛が成長するのに大切な成長ホルモン分泌の時間帯である、夜10時から2時といった時間に十分な睡眠がとれなくなり、成長ホルモンに影響を及ぼし、DHT(デヒドロテストステロン)を増加させてしまいます。
また、アルコールを摂取しすぎた場合、亜鉛の消費量が増すため、毛母細胞への栄養素行きわたらず、新陳代謝が鈍り、皮膚の健康状態も保てなくなり、毛髪のサイクルが滞りがちになりAGAのような薄毛になってしまい、しらぬ間にどんどん進行し、気が付いたときには頭頂部や生え際を中心に髪の毛がなくなったり薄くなったりしてしまいます。AGAは、一度なってしまうと食い止めることが難しく、ミノキシジルやプロペシアといった薬を用いたり、頭皮のマッサージや育毛セラピー、頭皮へ電気をあてたりといった方法を行わなくてはならず、改善へと導くには時間がかかってしまうことが多く、ミノキシジルやプロペシアといった薬の場合、長期にわたると副作用が心配になります。他の事も男性型脱毛症の原因となっていることが多いので、アルコールを過剰に摂取したことで、さらに頭皮への負担が増えないようににすることが大切なので、現在薄毛になっていなくてもアルコールの摂取方法に関して十分に考える必要があります。

今まで飲酒をしている人の場合いきなりやめることは難しく、働いている人の場合は、お付き合いで飲まなくてはならないことがあり、髪の毛のために断ち切ることは難しくなりますが、この場合、自分の限界値を超えないように飲むことが大切で、お酒は血行を促進する、睡眠を促すといった効果もあり、ストレスも解消されることからよい影響もありますが、ほどほどに飲まない場合、肝臓での処理が間に合わず、血液を通して体のいろいろな部分に影響が出て、逆に不眠や依存、冷え、利尿作用による脱水症状などを引き起こし、頭皮への栄養も補給されず薄毛となってしまいます。
アルコールを摂取する場合は、必ず髪の毛に良い栄養素であるアミノ酸やビタミン、亜鉛といったものを食べることが大切で、お酒を頼む際には、この栄養素が含まれている料理を注文するようにするといくらかは薄毛を食い止めることができます。
男性型脱毛症は思春期の頃から始まるとされていますが、成人になってからは、特に注意をし、日ごろからお酒の飲み方、アルコール摂取量、しっかりとした食生活を送るようにします。

エアコンが薄毛の原因になることも

男性でも女性でも、薄毛を気にしている人は意外と多いものです。男性では、おでこが広くなるのを気にしている人もいるようですし、女性の場合には、男性に比べると、ヘアースタイルの工夫などにより、目立ちにくいということはあるかもしれませんが、それでも、頭頂部の髪の毛の量が減ってきたり、髪の毛のハリやコシが無くなってきたと感じるケースも少なくないことでしょう。薄毛になる原因として、考えられることは、さまざまあり、食生活でも、脂っこい食事が多かったり、甘いものの食べ過ぎや、お酒の飲み過ぎなどによって、抜け毛が増えることもありますので、自分の食生活が乱れていないか、という点について、しっかり見直してみることが大切だといえます。さらに、たばこを吸っているようなケースでは、たばこに含まれる有害物質が、髪や地肌に良い影響を与えるとは考えにくいので、やはり、薄毛が気になるのであれば、喫煙は控えるようにした方が良いといえるでしょうし、たばこや過度な飲酒などの、体に負担をかけてしまうような習慣があるのなら、見直すことが大切です。しかし、薄毛や抜け毛が増えるという原因には、そのような生活習慣の乱れからくるもの以外にも、たくさんの原因があるものなので、そういったことについても、知っているか、知っていないかでは、薄毛の対策からみても、大きな違いが生じることにもなりますから、どのようなことが、髪や地肌にとって、負担を与えることにつながっているのか、自分が普段、特に気にもしないで行っていることに、薄毛や抜け毛の原因が含まれていることも多いので、正しい知識を身に着けることが、薄毛、抜け毛を防ぐことにも役立つはずです。

薄毛や抜け毛の原因としてまず考えられるのは、なんらかの原因によって、頭皮が乾燥するということですが、たとえば、シャンプーをするときに、必要以上に熱いお湯で髪の毛を洗ったり、ドライヤーで熱風を長時間、髪や地肌にあてるということを習慣として繰り返していると、頭皮が乾燥してくることにもなってきますし、乾燥は頭皮のかゆみを引き起こすことにもなりますから、シャンプーをする時には、ぬるま湯で洗うように心がけたり、ドライヤーを使う場合には、地肌に直接風を当てないなどの注意が必要です。また、薄毛の原因は、シャンプーやドライヤーの他にもあり、暖房や冷房に長時間あたっていると、頭皮の乾燥を引き起こしてしまうことにもなりますから、暑い季節には、どうしても、涼しい風にあたりたいと思ってしまうものですが、エアコンの風は、頭皮に良くないだけでなく、喉やお肌を乾燥させることにもなりますから、エアコンを使用する際には、エアコンの風量の設定に気をつけるようにすることが大切でしょう。頭皮を乾燥させすぎると、AGAだけではなく脂漏性湿疹などの原因にもなりますから、部屋の温度を下げたいときには、壁にエアコンの風をあてるように向きを変えたり、風量を強くするのではなくて、その分、すこし設定温度を低めにするなどして、風を体に直接あてるようにしない工夫をすることが重要です。特に、就寝時にエアコンをつける場合には、無意識のうちに、同じ方向からの風にあたっていることにもなりますから、体調を崩すことにもなりかねません。エアコンは、暑い夏や、寒い冬の時期を快適に過ごすためには、現代では欠かせないものになっていますが、それでも、正しく使わないと、頭皮の乾燥を招いたり、体の不調を引き起こすことにもつながっていくので、エアコンを使うときには、風量の設定や風の向きなどに気を配るようにして、頭皮や喉、お肌の乾燥を防ぐようにしたいものです。

ドライヤーの熱が薄毛の原因になることも

薄毛になる原因には、さまざまなことが考えられるといえますが、そのなかでも、ドライヤーの使い方によっては、抜け毛の原因となったり、薄毛などにつながる可能性もありますので、注意が必要です。ドライヤーが抜け毛や薄毛の原因となる理由には、ドライヤーの熱は頭皮を乾燥させてしまうことにあるといえますし、熱風を地肌に直接当てることは、皮膚にとって自然の状態とは言い難いものなので、正常の生え変わりのサイクルなど、髪にとって大切なコンディションに良い影響を与えないということも考えられます。ですから、シャンプーをしたあとに、髪を乾かす際には、ドライヤーを使う前に、できるだけ、タオルでよく吹き、髪の水分を取り除いておくと、ドライヤーは最低限の使用で済むことにもなるので、おすすめとはいえますが、タオルドライのやり方も、間違った方法で行うことが習慣となってしまうと、これも、髪にとっては良くない習慣となってしまいますので気を付ける必要があるでしょう。髪は、濡れた状態では、キューティクルが剥がれやすくなっているため、摩擦には弱いものです。ですから、シャンプーをする際には、十分に泡立ててやさしく洗うことが大切ですし、シャンプーを終わった後で、タオルドライで十分水滴を取る際には、ごしごしと強く擦るように使うと、髪がいたむことになってしまいます。タオルを使うときには、タオルに髪の毛を挟むようにして、ポンポンとタオルを押し当てるようにして水分を取り除くのが良い方法です。そうすることで、髪をダメージから守ることができるだけでなく、ドライヤーを使って、髪や地肌に熱風をあてる時間も短縮させることが可能ですから、髪と地肌を守るためには大切なことといえます。ただし、乾かさないで放置すると菌が繁殖することにもつながりますので、ドライヤーの熱風が髪や地肌に良くないとはいっても、ドライヤーを適切に使用して、しっかりと乾かしてください。ドライヤーの適切な使い方としては、まずは、一か所だけ集中してあてないということで、ドライヤーで熱風をあてると、髪の表面を手で触って熱いと感じた時点で、髪自体が80度ほどの高温となっていることもあるので、髪や地肌にとっては、自然の状態とは言い難い状況となっていますから、ドライヤーは頭皮から20cm~25cm離すことも大切です。そうすることで、髪や地肌の温度を極端に上げることなく、髪を乾かすことができるのでおすすめともいえますし、熱風をあてすぎると、せっかく髪を乾かすためにドライヤーを使っているのに、逆に、暑くなりすぎて、地肌が汗をかいてしまい、とても湿度の高い状態となって、結果として、なかなか髪が乾きにくいという状況にもなりますので、特に夏場など、気温が高い時には、なるべく狭い部屋でドライヤーを使うのは湿度が高くなってしまうので、避けるようにして、温風で髪を乾かしながらも、時々は冷風に切り替えて、地肌が汗をかくのを防ぐようにすると、髪や地肌へのダメージも減らすことができますし、結果として、髪を乾かす時間を短縮することにもつながるでしょう。髪は、もちろん、温風で乾かした方が、乾きは早いものですが、例えば、洗濯物を屋外に干した時のように、熱風が吹いていなくても、洗濯物を乾燥させることは可能ですから、髪の毛でも、ドライヤーが冷風であっても、ある程度、髪を乾かすことはできるので、ドライヤーの冷風をうまく取り入れながら、髪の毛を乾かしていくことが良いといえます。もし、髪が短ければ冷風でかわかすのも手だといえるでしょう。ドライヤーの温度や使う時間などに気を付けて、薄毛を防ぐようにしましょう。

たばこは薄毛の原因となります

たばこの中に含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があり、人の体は血管を通じて様々な栄養を身体中に運んでいるため、喫煙行為は、その栄養を運搬する効率を低下させるだけでなく、ひどい場合は血流が遮断し、それを動脈硬化といいます。そのような影響を及ぼすたばこなので、当然、頭皮や髪にいいはずがないのです。
そして、健康な毛髪が生え育つためには、きちんとした栄養を行き届かせる必要があります。髪は勝手に生えてくるのではなく、血管から運ばれた栄養によって頭皮が健康になり、気が生えてくるという流れなので、頭皮が栄養不足となれば毛も細くやせ細ってしまい、毛根に栄養が届かない状態は正規の毛髪サイクルを狂わせ、薄毛となってしまう悪循環に陥ってしまいます。
そんなたばこと血行の関係を象徴するようなアイテムが売れ筋系の毛髪促進のアイテムですが、その働きの目的は血管拡張や血行促進、そして薄毛に悩む人がよくポンポンと頭皮を叩いていますが、あれも血行促進を期待しての行動とみなされます。

では、実際に喫煙の行為が薄毛につながる原因の詳細や事例ですが、まずたばこ1本を吸った際に血行不良となる時間の目安は2時間前後ですが、2時間吸わない時間があるとイライラしてくるのが愛煙家であるため、1日のほとんどの時間が血行不良となります。
また血行不良以外にもたばこが薄毛の原因となるものが男性ホルモンの増加で、この男性ホルモンに全く関心のない女性は、「男性ホルモンが増えるなら逆に毛深くなるのでは?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、たばこを吸うことによって増加するジヒドロテストステロン(DHT)は、協力な脱毛作用をもっており、その「DHT」が、非喫煙者よりも喫煙者の方が13%高いことが、米国の調査で立証されています。
そして、さらに薄毛の原因となる着目点がビタミンCの欠如についてですが、たばこを吸うとビタミンCを大量に失うので、これも薄毛に影響を及ぼし、たばこ1本につき約25mgも消費されてしまいますが、実はビタミンCには毛母細胞を守る働きがあるので、ビタミンCも大切にしたい栄養素ですが、食事やサプリメントからビタミンCを摂取しても、頭皮まで行き届くのはたったの1%とわずかなため、喫煙者の体の中ではビタミンCは常に失われていっている状態なので、髪にいいはずがないのです。

ようは、薄毛に悩むなら高級な育毛材を入手する前に、禁煙をすることが推奨されますが、ただ、懸念されるのが、禁煙によるストレスです。たばこは中毒性のあるものなので、自分の意志だけでは止められない状態の人もおり、禁煙をすると、身体の中から吸いたいという欲望にかられるため、それを我慢するという時間はかなりのストレスになり、相性の悪いことに、禁煙をすると今度はストレスが原因で薄毛になる可能性も懸念され、それはストレスが質の良い睡眠を妨害してしまうことが原因と考えられています。よくお肌は“眠っている間につくられる”というコピーを目にしますが、それは髪にとっても同じで、正常な副交感神経が作用しない睡眠不足状態では髪にいいはずがなく、実際、心に無理を抱えて押し通して禁煙を続けて薄毛になってしまったというケースも見受けられます。
ストレスを抱え込むことなく、無理なく禁煙が出来ればベストですが、お医者さんに「禁煙外来」があるように、多くの愛煙家にとって、禁煙はただの習慣改善で達成できるものではないのです。よって、薄毛に悩みつつも喫煙習慣を自力で脱出できない人は、医師から処方された薬やパッチなどを使ってみたり、禁煙による禁断症状が軽くなってきたら禁煙ガムにシフトしたり、さらに自信がつけば、音楽鑑賞や歯磨き、シャワーにアロマといったリラックスで、自分を癒しながらコントロールしていくと、ストレスがかかりにくく禁煙を目指せ、しかも頭皮・発毛にも喜ばしい結論に近付けます。

薄毛の原因のひとつにはストレスがある

発毛や育毛が正しく行われるためには、頭皮の毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことが必要不可欠で、ただし毛母細胞は、何もしないでも分裂を繰り返すわけではなく、血液に乗って届けられた栄養を十分に受け取ることで初めて活性化されるため、血管が収縮してしまって血流の流れが悪くなりがちですと、毛根に栄養が届かない、あるいは毛母細胞が不活性になってしまいがちになり、栄養の吸収が悪いと言うことも起きかねません。
こうしたことが長く続くと、当然、発毛や育毛サイクルにも影響が及んできて、薄毛などの頭髪にまつわるトラブルが起きやすくなってしまいます。
毛母細胞の活動には限度があるため、この血行不良を早めに解消しないと、発毛や育毛機能をじゅうぶんに果たしていないにもかかわらず、いたずらに毛母細胞の活動回数だけが消費されてしまうと言うことにもなりかねません。
毛母細胞の活動回数が限度を迎えてしまうと、そこからの発毛、育毛は望みがなくなってしまうので、こうなってしまうどんな有効な対策も効果が出にくくなってしまいます。
ですから、最近、薄毛が気になってきた、とか、短い毛の抜け毛が目立ってきた、と言った頭髪にまつわるトラブルを感じた際は、そこから速やかに対策をとることが、手遅れにならないために絶対的に必要なことです。

血流が滞りがちになる原因は、脂質の多い食生活、睡眠時間の不足、全身の代謝の低下など様々で、ストレスの存在も、原因のひとつに挙げることができ、心地よい緊張感を伴ったストレスは、むしろ体にとって良い作用をもたらしますが、不快な緊張感を伴ったストレス、また気分を憂鬱にさせるようなストレスは、体にとって私たちが想像している以上の負担を強いており、特に血管に対する負担は相当なもので、ストレスは血管の収縮をもたらすものであるとさえ言われているほどで、これは、血管に常時、強い負担がかかっている高血圧の原因のひとつとしてストレスが挙げられていることからも理解できるかと思われます。
ストレスによって血管が収縮してしまっている状態が続くと、当然、血流も滞りがちになり、結果として毛根に栄養が届かない、頭皮の栄養が悪い、毛母細胞が活発に活動できないと言うことが引き起こされやすくなり、それが頭髪トラブルにもつながることが多くなります。
なお、頭皮が血行不良に陥ってしまっているかどうかを判断する目安としては、頭皮の温度、色、質感を挙げることができ、ひんやりとした温度を感じた場合、青白い色をしていた場合、そして固くなっていた場合などは、血行が滞りがちになっている可能性が高いと言えます。

ただ、仕事におけるストレスなどは、どこまで行ってもつきまとうものですから、人それぞれの方法で上手にストレスをためこまないこと、解消することが重要で、ストレス解消は、それ自体がストレスになってしまっては意味がありませんから、自分に合った、絶対に無理のない方法をとることが求められます。
おすすめは好きな音楽や映画を見に行くと言った方法で、こうしたことを定期的に生活の中に取り入れるだけでもストレス解消としては非常に効果的ですが、それ以外にも、嫌なことがあったらノートに書き出す、心地良い疲労感を覚える運動を習慣づける、休日には一切、仕事のことを考えないと言った方法なども挙げることができます。
またストレス解消とともに頭皮の環境を整えるのも有効なことで、血行不良が発生していると頭皮が固くなるのでヘッドスパを受けることも効果的です。
また冷え性やむくみがち、運動をしても汗をあまりかかないと言う方は、全身の代謝が低下していることも考えられ、その場合は全身から血行不良が起きている可能性も高いため、それを解消して頭皮の血行を促進させると言う観点からマッサージなども効果が期待できます。
洗髪などの際に頭皮の固さが気になる場合は、柔らかめのブラシで頭皮を優しくとんとんと叩く、また指の腹を使って頭皮を動かすようにマッサージすると言う対策を自分で行うこともできますから、ストレス解消もかねて行ってみるのも良いです。

薄毛の原因の一つに運動不足も影響

日本人男性の実に3人に1人は薄毛を気にしていると言われますし、最近では女性でも薄毛に悩んでしまう人は増えているようですし、男性にとっても女性にとっても、コンプレックスの原因となってしまいがちな薄毛ですが、原因には様々な事柄が絡んできます。
薄毛になってしまった場合に考えられる原因としては、ストレス、遺伝の影響、ホルモンバランスの影響、食生活などの理由が考えられるようです。
ストレスや食生活、不摂生など、自分の工夫や努力で改善の方法が見つかるものならば、まだ解決方法は簡単かもしれませんが、遺伝やホルモンバランスなどは自分で改善するのは難しい事柄かもしれませんし、特に男性の場合には、遺伝の影響などにより、もともと男性ホルモンに対する感受性が強い体質を持つ場合に、男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が抑えられてしまったりした結果、薄毛となってしまう場合があるようです。
また、男性はAGAと言われる男性型脱毛症に罹ってしまう場合があるなど、女性よりも悩みは深刻な事が多いようですが、もしAGAに罹ってしまった場合には、病院で投薬による治療を受けると改善される可能性もあるので、医療機関などで相談してみると良いでしょう。
しかし、その投薬には即効性があると言う訳ではなく、ある程度の期間を掛けて改善されるものなので、根気が必要になりますし、AGAの治療は自由診療になる可能性があるため、ある程度の費用が掛かる事は覚悟しておいた方が良いかもしれません。
髪にはヘアサイクルというものがあり、伸びては抜けて、また新しく生えるというサイクルを繰り返しており、通常は成長期が2~6年ほど続くのですが、AGAに罹ってしまった場合にはこのサイクルが短く、十分に成長しないで抜け落ちてしまうので、AGAの治療にはこのヘアサイクルを長くしていかなければならないので、効果が現れるまでには時間が必要となるのです。
他に考えられる薄毛の原因の一つには、運動不足による新陳代謝も影響している可能性があるようですし、血流が悪いと頭皮の下の毛根にまで十分な栄養が届かず、成長が遅れたり、髪の毛が抜けやすくなったりします。
血液というのは、酸素や栄養を身体の隅々まで運ぶという役割があり、それがスムーズに行かないと、健康な髪が生えないという事にも繋がってくるのです。
特に長時間の同じ姿勢などは、血流が悪くなる原因となるので、デスクワークなどで長時間座り続けないといけない場合には、出来れば1時間ごとに立ち上がり、軽く歩いたりストレッチをするなどの、少しでも血行を良くする工夫をした方が良いでしょう。
身体の血行を良くするには、軽めのウォーキングなどの有酸素運動も頭皮にとってだけではなく、全身の健康にも効果的です。
また、有酸素運動は血行を良くしてくれるだけではなく、ストレスまで軽減してくれる効果が認められる運動方法ですので、毎日、無理のない程度の時間を少しずつでも続けることで、何もしないよりははるかに薄毛の改善にとっては効果的かもしれません。
反対に、急激な運動は厳禁で、身体に負担が掛かってしまう可能性もあり、薄毛の改善が望める血流を良くする作用は有酸素運動などのゆっくりとした、長く続けられる運動の方がはるかに効果的と言えます。
他に、薄毛の原因となるストレスは交感神経を活性化させ、血流も悪くしてしまう作用があるので、出来るだけストレスを感じないようにするか、ストレスを感じないようにすると言うのは社会に出ていれば中々難しい事かもしれませんので、趣味やスポーツなどの自分が楽しいと感じられるような時間、また出来るだけストレスの発散を出来るような機会を作ることが、薄毛の改善にも望ましいと言えそうです。

栄養不足は薄毛の原因になります

髪の毛を作るためにはたくさんの栄養が必要となりますが髪の毛は生命維持とは関係のない部分であるために体のなかで優先順位が低く栄養は髪の毛にはまわりにくいため、栄養不足になると髪の毛よりも脳や内臓に栄養が回るため、薄毛の原因になってしまいます。
そのため、薄毛の原因を作らないためには、十分な栄養をキチンと摂取することが大切になります。

栄養不足を招かないためには、何を食べるのかよく考えて選ぶことが必要であり、脂っこい、辛い、甘い食べ物は避け、亜鉛を多く含む、野菜を意識的に取り入れることが必要となります。
髪の毛を作るためにはタンパク質など様々な栄養が必要とされるため、ワカメや昆布はミネラルが豊富ですが、それだけを食べていても栄養を十分にとることはできません。
食べた物から摂取することができる栄養によって体中の細胞が作られるわけですから、偏った食事を避けることは当然のことですし、栄養たっぷりの野菜をとったり、髪の毛に良いとされるミネラルの多い海藻類を食べたり、良質なタンパク質のとれる大豆や大豆製品を意識してとるなど、栄養を意識して食べ物を選ぶことが大切です。
食べ物を意識することはもちろん、調理方法や調味料の選び方なども意識することでより効果的に栄養をとることができますので、食材選びだけでなく、調理法や調味料についても意識することが必要です。
調味料にも様々なものが入っていますので、人工甘味料や化学合成調味料、香料、酸化防止剤などといった添加物の入っている調味料は避けて、砂糖や塩、酢や賞味、味噌などといった昔から日本で使われていた体によい調味料を意識して選ぶようにすると良いです。
せっかく食材を意識して選んでも、調理法がよくなったり、調味料がよくなかったりすると、せっかくの食材の栄養が損なわれてしまったり、添加物の処理のために栄養が消耗されてしまったりするので勿体ないことになります。
また美容や健康のためにダイエットをされる方もいらっしゃいますが、ひとつの食品しか食べないような偏ったダイエットや、極端に食べる物を減らしてしまう過激なダイエットは髪の毛を作るための栄養まで削ってしまうので薄毛の原因を作ってしまいます。
髪の毛を作るためには様々な栄養が必要であり、そのためにはある程度の量は食べる必要が出てきますので、ダイエットを行うときには栄養のバランスに注意した食事を摂るように心掛けましょう。
体のリズムに合わせて栄養を補給することも髪の毛にスムーズに栄養を与えるためには効果的ですので、規則正しく食べて体のリズムを崩さないように心掛けることや、栄養を吸収しやすいタイミングの時間で食べるようにすることなどを意識して生活のリズムを整えると良いです。
栄養は髪の毛にはまわりにくいですから、体にとって大切な良質なタンパク質を魚や鶏肉、大豆や大豆製品といった脂肪分が少なくてヘルシーなものから積極的にとるようにすることや、DHAやEPA・ナッツ類・植物油などに含まれるαリノレン酸といったオメガ3脂肪酸などヘルシーな油分を意識して摂ること、野菜やフルーツなどビタミンやミネラルなどをしっかりとること、亜鉛が豊富な牡蠣などを食べること、体内の循環をよくしてくれる水をしっかり飲むこと、など、健康的な食生活で栄養不足にならないようにしましょう。

髪の毛よりも脳や内臓に栄養が回るように体はできていますので、ハゲたくなかったら栄養不足は薄毛の原因ということを自覚して、ファーストフードや過激なダイエットは避け、栄養バランスのとれた食事を1日三回、規則正しく摂ることを習慣化し、継続していくことで薄毛の原因を遠ざけることが大切です。

薄毛の原因ともなる睡眠不足

薄毛を気にしている人のなかには、薄毛の原因がどこにあるのか、良く分からないという人も少なくないかもしれませんし、遺伝などに原因があると思っているような場合でも実は、そのほかのことに原因があるケースもあるようなので、自分の生活スタイルを見直してみて、生活リズムがバラバラであったりする傾向にないか、チェックしてみることが大切といえるでしょう。健康な髪を育むために必要なことは、しっかり体を休養させて、成長ホルモンの分泌を促すことにあるといえるのですが、この成長ホルモンは、睡眠時に分泌されることが分かっていますから、ただ単に睡眠をとるというよりは、その睡眠の質も重要であるといえます。成長ホルモンは、人間が熟睡している時に、多く分泌されるものですから、毎日、決まったリズムの生活をして、睡眠時間も一定にしておいた方が、より質の高い睡眠を得ることにもつながるのです。したがって、生活リズムがバラバラであるということは、成長ホルモンの分泌も安定しないことになり、ホルモンの乱れになってしまい、薄毛になりやすくなるので、抜け毛の量が多いことに悩んでいるような人の場合には、その原因が、生活リズムの乱れによって、成長ホルモンが十分に分泌されていないことにもあるケースも考えられるので、自分の生活習慣を見直すことが大切だといえるのです。特に、睡眠中には、ゴールデンタイムとも言われる時間帯があって、だいたい、夜の10時から深夜の2時ころまでの間であると言われており、その時間帯に、深い睡眠状態にあると、成長ホルモンが十分に分泌されるので、可能であるなら、その時間帯には、いつも睡眠をとれるように心がけたいものです。しかし、なかには、仕事の関係などで、その時間帯に睡眠できないという人もいることでしょうし、仕事が夜勤のために、昼夜が逆転したような生活を続けている人も少なくないことでしょう。しかし、そういった場合でも、健康を保つことは可能ですし、髪の毛の調子も、必ずしも悪い状態にあるとは限らないものです。それは、昼夜が逆転した生活を送る場合でも、日常的に、その生活が習慣となっていて、規則正しく、それなりに睡眠時間帯が一定のものになっているというようなケースでは、日中に睡眠することによっても、体に必要なホルモンは分泌されるものです。このようなケースは、夜更かしなど、生活リズムがバラバラという状況とは、少し異なるものであると考えられるでしょうが、それに加えて、飲酒やたばこなどの習慣があるとなると、また状況は変わってくるかもしれませんから、十分に睡眠時間を確保しているとしても、睡眠の質を低下させるような生活習慣は、なるべく避けるようにした方が、薄毛を防ぐためにも大切なことであるといえるでしょう。眠る時間の直前に、脂っこい食事をしたりすれば、内臓にも負担がかかりますし、消化をするために、血液が胃腸に集中してしまうので、熟睡することが難しい状況になってしまいます。そうすると、頭皮の血行も悪くなりがちですし、髪の育成のため必要な栄養を行きわたらせることにも支障が出てきてしまいますから、やはり、薄毛を防ぎたいと思うのなら、規則正しい生活を送り、髪のために必要なホルモンの分泌を促すだけでなく、日中には、適度な運動などで体を動かすことによって、心地よい疲労感を得てから、ゆっくりと入浴することで体をリラックスさせ、そして、ゆったりとした気持ちで睡眠までの時間を過ごすように心がけると、質の高い睡眠を得ることにもつながりますから、就寝前には、忙しいときでも、少しでもゆとりを持つことができるような工夫をしていきたいものです。

洗髪と薄毛の原因について

薄毛に悩んでいる人は、自分なりに対策をしていると思いますが、洗髪について間違った方法をしてしまっている人は多いです。特に、夏場に多いですが、2回シャンプーをするなどの過度な洗髪をして、結果的にAGAを促進するだけということになってしまい、薄毛対策として、丁寧に洗髪していたつもりが、AGAを促進するだけの逆効果となってしまっているのであれば、せっかくの対策が無駄なものとなってしまい、それによるストレスでさらに髪の毛に負担をかけてしまい、悪循環となるケースもよく見受けられます。なので、間違った方法である、2回シャンプーするなどの過度な洗髪を見直し、頭皮のための洗髪方法に改善する必要があるので、AGAを促進するだけの洗髪から、夏場であっても洗いすぎずに、頭皮に優しく育毛効果が期待できるような洗髪方法を紹介していきます。

まず、過度な洗髪を見直すことが必要になるのですが、洗髪を毎日することが髪にとって良い訳ではないと言うことを理解しなければなりません。頭皮には、雑菌がいるのですが、この雑菌により、頭皮にかゆみを引き起こすことがあり、シャンプーすることでしっかりと殺菌しなければならないのですが、実は雑菌の中には頭皮全体を保護するものも含まれているので、2回シャンプーするなどで、完全に頭皮の雑菌をなくしてしまうのは、頭皮の保護機能をなくしてしまうことにもなり、傷つきやすい状況となります。また、熱いお湯で髪を濡らすことで、頭皮が軽いやけどをしてしまい、傷ついて雑菌が増える原因となりますので、適度な温度で髪を濡らすことをまず心掛けましょう。そして、シャンプーをつける場合は、必ず原液のままつけないようにしなければ、毛穴に原液が入り込んでしまい、それにより洗い流してもなかなかとれなくなってしまいますので、しっかりとシャンプーを泡立ててから、髪の毛につけなければなりません。頭皮を洗うときも、決してつめを立てて頭皮を傷つけてしまうようなことはせずに、指の腹を使って優しくマッサージするように洗い流すのですが、その際は、シャンプーが頭皮に残らないように、しっかりの洗い流す必要がありますし、そのためにも3分を目安として、十分に洗い流します。そして、リンスではなく、髪の毛を保湿する効果のあるコンディショナーを頭皮ではなく、髪の毛につけるようにし、その後にドライヤーをする場合も、熱い風を頭皮に直接当ててしまわないように気をつけて乾かすようにしましょう。

このように、過度な洗髪を避けて、正しい洗い方をするようにすれば、薄毛には必ず効果がありますし、AGAを促進するだけの2回シャンプーや、熱いお湯で髪を濡らしてしまうようなやり方を改善することで、頭皮を保護する機能も正常に働き、それにより髪も丈夫になるので、ストレスの要因となっていた原因が解決されます。そうすることによって、薄毛の原因となるストレスによる血行不良にも効果がありますし、前向きになることで、食生活や私生活の中にある薄毛の原因を探る気力も湧いてくるでしょう。とにかく、大切なことは、今まで自分が何気なくやっていた薄毛対策や、生活習慣を疑い、一度ゼロから見直し、正しい方法を理解してそれを実践することが一番大切なので、今までの常識を疑うことも必要ですし、新しい習慣を作っていくことも受け入れないといけませんが、最初は、過度な洗髪を辞めることと、正しい洗い方を実践することに集中しましょう。そして、それらに効果が出て自信がついたのであれば、さらに生活習慣などの部分も見直していき、AGAを促進するだけの生活習慣から抜けだし悩みのない生活を送りましょう。