薄毛の原因の一つに運動不足も影響

日本人男性の実に3人に1人は薄毛を気にしていると言われますし、最近では女性でも薄毛に悩んでしまう人は増えているようですし、男性にとっても女性にとっても、コンプレックスの原因となってしまいがちな薄毛ですが、原因には様々な事柄が絡んできます。
薄毛になってしまった場合に考えられる原因としては、ストレス、遺伝の影響、ホルモンバランスの影響、食生活などの理由が考えられるようです。
ストレスや食生活、不摂生など、自分の工夫や努力で改善の方法が見つかるものならば、まだ解決方法は簡単かもしれませんが、遺伝やホルモンバランスなどは自分で改善するのは難しい事柄かもしれませんし、特に男性の場合には、遺伝の影響などにより、もともと男性ホルモンに対する感受性が強い体質を持つ場合に、男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が抑えられてしまったりした結果、薄毛となってしまう場合があるようです。
また、男性はAGAと言われる男性型脱毛症に罹ってしまう場合があるなど、女性よりも悩みは深刻な事が多いようですが、もしAGAに罹ってしまった場合には、病院で投薬による治療を受けると改善される可能性もあるので、医療機関などで相談してみると良いでしょう。
しかし、その投薬には即効性があると言う訳ではなく、ある程度の期間を掛けて改善されるものなので、根気が必要になりますし、AGAの治療は自由診療になる可能性があるため、ある程度の費用が掛かる事は覚悟しておいた方が良いかもしれません。
髪にはヘアサイクルというものがあり、伸びては抜けて、また新しく生えるというサイクルを繰り返しており、通常は成長期が2~6年ほど続くのですが、AGAに罹ってしまった場合にはこのサイクルが短く、十分に成長しないで抜け落ちてしまうので、AGAの治療にはこのヘアサイクルを長くしていかなければならないので、効果が現れるまでには時間が必要となるのです。
他に考えられる薄毛の原因の一つには、運動不足による新陳代謝も影響している可能性があるようですし、血流が悪いと頭皮の下の毛根にまで十分な栄養が届かず、成長が遅れたり、髪の毛が抜けやすくなったりします。
血液というのは、酸素や栄養を身体の隅々まで運ぶという役割があり、それがスムーズに行かないと、健康な髪が生えないという事にも繋がってくるのです。
特に長時間の同じ姿勢などは、血流が悪くなる原因となるので、デスクワークなどで長時間座り続けないといけない場合には、出来れば1時間ごとに立ち上がり、軽く歩いたりストレッチをするなどの、少しでも血行を良くする工夫をした方が良いでしょう。
身体の血行を良くするには、軽めのウォーキングなどの有酸素運動も頭皮にとってだけではなく、全身の健康にも効果的です。
また、有酸素運動は血行を良くしてくれるだけではなく、ストレスまで軽減してくれる効果が認められる運動方法ですので、毎日、無理のない程度の時間を少しずつでも続けることで、何もしないよりははるかに薄毛の改善にとっては効果的かもしれません。
反対に、急激な運動は厳禁で、身体に負担が掛かってしまう可能性もあり、薄毛の改善が望める血流を良くする作用は有酸素運動などのゆっくりとした、長く続けられる運動の方がはるかに効果的と言えます。
他に、薄毛の原因となるストレスは交感神経を活性化させ、血流も悪くしてしまう作用があるので、出来るだけストレスを感じないようにするか、ストレスを感じないようにすると言うのは社会に出ていれば中々難しい事かもしれませんので、趣味やスポーツなどの自分が楽しいと感じられるような時間、また出来るだけストレスの発散を出来るような機会を作ることが、薄毛の改善にも望ましいと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です