栄養不足は薄毛の原因になります

髪の毛を作るためにはたくさんの栄養が必要となりますが髪の毛は生命維持とは関係のない部分であるために体のなかで優先順位が低く栄養は髪の毛にはまわりにくいため、栄養不足になると髪の毛よりも脳や内臓に栄養が回るため、薄毛の原因になってしまいます。
そのため、薄毛の原因を作らないためには、十分な栄養をキチンと摂取することが大切になります。

栄養不足を招かないためには、何を食べるのかよく考えて選ぶことが必要であり、脂っこい、辛い、甘い食べ物は避け、亜鉛を多く含む、野菜を意識的に取り入れることが必要となります。
髪の毛を作るためにはタンパク質など様々な栄養が必要とされるため、ワカメや昆布はミネラルが豊富ですが、それだけを食べていても栄養を十分にとることはできません。
食べた物から摂取することができる栄養によって体中の細胞が作られるわけですから、偏った食事を避けることは当然のことですし、栄養たっぷりの野菜をとったり、髪の毛に良いとされるミネラルの多い海藻類を食べたり、良質なタンパク質のとれる大豆や大豆製品を意識してとるなど、栄養を意識して食べ物を選ぶことが大切です。
食べ物を意識することはもちろん、調理方法や調味料の選び方なども意識することでより効果的に栄養をとることができますので、食材選びだけでなく、調理法や調味料についても意識することが必要です。
調味料にも様々なものが入っていますので、人工甘味料や化学合成調味料、香料、酸化防止剤などといった添加物の入っている調味料は避けて、砂糖や塩、酢や賞味、味噌などといった昔から日本で使われていた体によい調味料を意識して選ぶようにすると良いです。
せっかく食材を意識して選んでも、調理法がよくなったり、調味料がよくなかったりすると、せっかくの食材の栄養が損なわれてしまったり、添加物の処理のために栄養が消耗されてしまったりするので勿体ないことになります。
また美容や健康のためにダイエットをされる方もいらっしゃいますが、ひとつの食品しか食べないような偏ったダイエットや、極端に食べる物を減らしてしまう過激なダイエットは髪の毛を作るための栄養まで削ってしまうので薄毛の原因を作ってしまいます。
髪の毛を作るためには様々な栄養が必要であり、そのためにはある程度の量は食べる必要が出てきますので、ダイエットを行うときには栄養のバランスに注意した食事を摂るように心掛けましょう。
体のリズムに合わせて栄養を補給することも髪の毛にスムーズに栄養を与えるためには効果的ですので、規則正しく食べて体のリズムを崩さないように心掛けることや、栄養を吸収しやすいタイミングの時間で食べるようにすることなどを意識して生活のリズムを整えると良いです。
栄養は髪の毛にはまわりにくいですから、体にとって大切な良質なタンパク質を魚や鶏肉、大豆や大豆製品といった脂肪分が少なくてヘルシーなものから積極的にとるようにすることや、DHAやEPA・ナッツ類・植物油などに含まれるαリノレン酸といったオメガ3脂肪酸などヘルシーな油分を意識して摂ること、野菜やフルーツなどビタミンやミネラルなどをしっかりとること、亜鉛が豊富な牡蠣などを食べること、体内の循環をよくしてくれる水をしっかり飲むこと、など、健康的な食生活で栄養不足にならないようにしましょう。

髪の毛よりも脳や内臓に栄養が回るように体はできていますので、ハゲたくなかったら栄養不足は薄毛の原因ということを自覚して、ファーストフードや過激なダイエットは避け、栄養バランスのとれた食事を1日三回、規則正しく摂ることを習慣化し、継続していくことで薄毛の原因を遠ざけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です